コミックアート

コミックアートとは

マンガやアニメ、ゲームキャラクターなどの表現技法を取り入れた、今もっとも脚光を浴びている芸術表現のひとつです。

ストーリーとキャラクターを一枚絵の中で完結させるといった表現方法は、ライトノベルの表紙イラストや、ゲームのキャラクターとしてのニーズだけなく、絵本や広告といったさまざまなジャンルからも「新しいジャパンコンテンツ」として期待されています。

 

授業内容

授業ではプロのイラストレーター、マンガ家が、発想から制作・発表方法、仕事への展開まで、丁寧に指導します。
1年次はデッサン、人体表現、デジタル基礎、画材研究を中心に基礎力の向上。

2年次はデジタルテクニック、フィギュア制作、ポートフォリオ研究など、仕事に即結びつく応用力の授業です。

進路
イラストレーター キャラクターデザイナー ゲームクリエイター マンガ家 フィギュア作家

 

講師陣

(アクリル、Photoshop担当)
イラストレーター、漫画家。印象的なキャラ造形と独自のセンスあふれるイラストワークが特徴。小説イラスト、コミック誌連載など各種商業誌にて活躍中。嵯峨美術短期大学 ビジュアルコミュニケーションデザインⅡ(現・京都嵯峨芸術大学短期大学部デザイン分野)卒業。
(アクリル担当)
少女を表現モチーフとし、主にアクリル画で現代を表現する美術作家。国内、海外で多数の展覧会に参加し、日本では年に約一度個展を開催。イラストレーターとしても、りそな銀行やeposカードなどの券面デザイン、映画の劇中絵、書籍、ポスター、CDジャケットなどに作品を描き下ろしている。
(SAI担当)
透明感のある着彩と、日本的な美を象徴するモチーフ表現を得意とするイラストレーター。創作活動の傍ら、小説の装画やゲームキャラクターデザインなど各種商業媒体で活躍中。
(Photoshop担当)
東京大学大学院で量子極限物理学を学んだサイエンティストであり、絵、デザイン、小説、装置開発、ロボット開発、ソフトウェア開発、動画、3D立体画など、科学的探究に基づいた理論、テクノロジーとアート表現を融合させた創作活動で知られる日本人アーティスト。海外のアートマーケットでの評価も高い。
(特別授業担当)
少女主義的水彩画家。透明水彩絵具ひとすじに、少女をモチーフとした作品を作り続けている。個展、展示会やデザインフェスタ等のアートフェスへの参加の他、 ファッション誌「KERA」や「Gothic&LolitaBible;」へのイラスト提供、 グルーヴ社製ドール”ISUL”パッケージデザインなどを手がけている。
(ペン画担当)
イラストレーター。イラスト、絵本を中心とした創作活動の傍ら、書籍やWEBの挿画、キャラクターデザインなど各種商業媒体で活躍中。季刊エス、スモールエスにて掲載多数。

 

 

様々な講師がいるので、色々と勉強できそうですね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です